肉巻きむすびの臭みは?

肉巻きむすびの臭みは?

宮崎県発祥?の肉巻き美味しいですねー。

肉巻きのレシピはテレビなどで紹介されていますが、この肉巻きはフライパンよりオーブンで焼けばご飯自体が崩れにくいということを小耳にはさみ実践しましたが、確かに更に簡単にできましたが、肉自体の臭み処理がうまくいかないとこもってしまったオーブンの中の臭いも含めてちょっと食べにくいかな~といった感じになります。

しょうしゅうりき~♪じゃないよ

こうしたオーブン料理もローリエなどで香りをつけながら更にお肉や魚の臭みを取るという手法をとればいいのですが、ローリエって買ったのはいいけどどこにしまったかすら忘れてしまう事も多くあるし、何よりそんなにローリエを使うといったレシピは身についていないのが本音なんですよね。

そんなローリエも準備していなく更にオーブンの消臭などをついつい忘れていたときにこんなに簡単にできる肉巻きむすびを作ってしまうと…

確かにお肉に塩胡椒や焼肉のタレをしっかりとつけるのですが、フライパンのように開放状態で作るのと違うのでやはり臭いが篭ってしまうのを防ぐためにいくつかの方法がありますが、手っ取り早いのがお酒なんです。

しかし、日本酒は今の家庭には常備されていないし、ワインならあるのだけどと言われる人のほうが多いです。

和食好きはわかるらしい

実はこのワインこそが臭いを消す方法なんです。
ワインといっても白がおすすめですが、あまり高いワインでなくて300円より安いテーブルワインをちょちょっとお肉の臭み処理をするときに使えば、オーブンなどを使うおかずなどにも使ってみてください。

味も多少は洋風に感じられ臭みも感じず子供には日本酒よりもワインのほうが喜ばれるそうです。

ただし臭みとりなどに一番なのはやはりローリエとかなんですがね。