広島風お好み焼き

広島風お好み焼き

関西風の時と同じで広島では広島風というお好みをオーダーするわけではありません。
しかし、ここでは説明のために使い分けます。
この広島風と関西風の違いはといえば、大きく言えば生地(以後シェルと表現)の厚みだけです。

屋台では箸まき

広島風のお好み焼きの起源は戦後に洋食といって作られていた薄いシェルがベースで、その薄く焼き上げる生地だけをお好みというわけでなく、例えば焼きうどんとか焼きそばを一緒に、それもキャベツをたっぷりと使って、更に関西風のように生地に混ぜるわけでなく、シェルとキャベツとそして焼きそば・うどんは別々にするだけのものです。

広島お好み焼き

シェル(生地)の作り方は、熱したフライパンもしくはホットプレートまたはアウトドア用の鉄板の上でおたまで掬ったクレープと同じようなゆるい生地をおたまの底でまあるく広げるという簡単な調理だけなんです。
といってもこの薄く広げるのが少々やっかいなものなのですが…

喉にひっかかりやすい粉

この生地には薄力粉に卵とそしてお好みで魚粉等を一緒に入れてたこ焼きの生地の要領でゆるく仕上げます。

先にも書いたように、このシェル、広島では年配者の方には洋食といって馴染みがあり、また、縁日などで割り箸に巻きつけたあれってなんという名前なんでしょうか、その割り箸にくるくる巻きつけたそのものと同じものなんです。

よって、このシェルだけを作って食べるのも中々美味しいですよ。
あっ、お好みソースは忘れずにね。