”あんかけ” これを覚えるだけでレパートリーが増える。

”あんかけ” これを覚えるだけでレパートリーが増える。

あんかけで想像するのは、あんかけそばにあんかけうどん。
だけじゃないんです。
麻婆豆腐に、天津飯に中華丼に、長崎の皿うどんに・・・

気温が下がった時とかで寒い時にこうしたあんかけを多用すれば、それだけでレパートリーは増えます。

片栗粉は栗?

あんかけの素は片栗粉。
片栗粉を小さじ2杯深い器に入れて水を適量入れて混ぜれば水溶き片栗粉の出来上がり。
この水溶き片栗粉を、ほぼ完成間近の麻婆豆腐に回しいれればとろみが出ます。
また、天津飯のタレにもこの水溶き片栗粉を入れればいいし、中華丼も、そう、あのあんかけうどんの”あんかけ”も、この水溶き片栗粉なんです。

ポイントは、出来上がった料理の最後の締めがこの水溶き片栗粉。

実は、この水溶き片栗粉に砂糖を混ぜて電子レンジで”チン”すれば、暑い時に食べると更に美味しい、わらび餅になるのもTVで紹介されていて、このわらび餅もどきに黄な粉をかければダイエットにも。

◎応用編

麻婆豆腐の豆腐を茄子にチェンジすると麻婆茄子になります。

@街頭インタビュー
「あんかけは水溶き片栗粉を回しいれます」
「恥ずかしいけど知りませんでした」
40代主婦