美味しい蕎麦の茹で方

美味しい蕎麦の茹で方

美味しい蕎麦の季節が近づいています。
ちょっと肌寒い日は熱々の蕎麦にして、汗ばむ気温のときは盛り蕎麦にしてと寒暖に対応できるし、ダイエット中の人にも、また、ちょっとした料理に添えられますので、主婦の方は備蓄品としているようです。

よく読むと

この蕎麦、袋に書いてあるように、お鍋にたっぷりと沸かしたお湯の中に入れて○○分茹でたあとに、ざるに移し変え冷水で洗うように冷まし水を切るといった表現が使われています。

実は、この蕎麦、茹でる前にちょっとお水に漬けておくだけで、茹であがりがグンと変わってくるのです。
それも、大体茹で時間とまでは行きませんが、茹で時間の1/3ぐらいです。
そうしたお水に漬けた後に、沸かしたお湯の中に入れて通常行うように茹でればいいのです。
蕎麦のメーカーも色々ありますので茹で時間は若干差があるでしょうが、お鍋にたっぷりとお湯を沸かしている最中に同時進行すればいいのです。
これが前号で書いたアレンジメントなんです。

そういえば、吉野家のメニューに牛丼と蕎麦のセット物がありますね。
ファーストフォード店もあれこれ考えてます。