牛乳パックで押し寿司

牛乳パックで押し寿司

いつも作るばら寿司を押し寿司にしようと思った。
しかし、押し寿司の型がないので・・・
100均まで足を伸ばしたが流石にこの押し型は見当たらない。
といって、寿司関連で100均で揃うものといえば、巻きすにせいぜいおしんこ巻きやかっぱ巻きとか、あと鉄火巻きを作る型ならあるのだが。

見~つけた

そんなある日ネットで見つけたのがこの牛乳パックで押し寿司を作るというもの。
ということで、作ってみました。

まず、お米を炊いて、炊き上がったご飯に寿司酢を混ぜるのはいつもと同じ要領。
具材はオーソドックスな、椎茸と牛蒡と人参をそれぞれの家庭の味付けで、それに、卵(錦糸卵etc)とエビ(事前に調理済み)と、後、そうです、押し寿司といえばでんぶです。
このでんぶは、ひな祭りとかでも食紅で桃色に染められているあの鱈を加工したもので、特に3月~4月のお花見の頃によく目にするものです。

いよいよ

こうした具材の準備も出来た所で、さあ、牛乳パックの登場です。
牛乳パックの空箱を開いて綺麗に洗い、底部から10cmの所で横にカットして箱型になるようにします。

この牛乳パックは、底と壁部とが展開された形になっているので、開かないようにテープなどで周囲をテーピングするとなっていたけど、そんな面倒なことはしなくていいです。
それは、これ、この写真のように2本の輪ゴムて周囲を止めればいいんです。
牛乳パックで押し寿司
牛乳パックで押し寿司
ラップを敷いて
牛乳パックで押し寿司
寿司米を入れて具材をトッピング
牛乳パックで押し寿司
更に寿司米をのせて、ラップで包むようにして箱4隅まで軽く手で押さえる。
牛乳パックで押し寿司

さあ

箱から取り出してエビとでんぶをトッピング
牛乳パックで押し寿司
お好みで卵を乗せれば・・・
牛乳パックで押し寿司
牛乳パックを洗って輪ゴムを止めるまでの時間はわずか数分です。
押し寿司は未就学児童など小さな子供でも簡単にできます。