手作りスイーツの基本ペースト

手作りスイーツの基本ペースト

パンが焼ければ今度はスイーツも作りたくなってきます。
そんな、スイーツの中でも簡単なもので、また食パンなどに折り込むマーブル模様にも使えるのがペーストです。

ペーストにも色々あって、苺にお芋にココアにシナモンシュガーに…
最近では、健康志向の人が青汁なんてもの作るのだとか?

ここではスイーツだけでなく食パンの折込にも使えるペーストを作る。
今回はさつまいもです。

準備するもの

 

  • さつまいも 約500g

 

    1. さつまいもをゆがく又はレンジで加熱する

ここでは、お鍋による方法を説明します。

  1. 洗ったお芋を皮をピーラーで剥いでゴルフボール大位にカット
  2. お鍋にお水を入れて塩を小1弱入れ、カットしたお芋を入れて芋が軟らかくなるまでゆがく。
  3. お湯を切ったお芋を器に入れてマッシャーがあればマッシャーでつぶす。

*マッシャーが無い場合は細かくカットする。

  1. お皿を置いてその上に被せるように裏ごし器をセットして、カットしたお芋を乗せてヘラを使ってすりつぶしていく。

この時、ヘラを立てる寝かせるといった動作を繰り返して行えば簡単に裏ごしが出来ます。

裏ごし

裏ごしされたものはこんな感じになります。

裏ごし

このペーストは食パンを作るときには手捏ね又はHB(ホームベーカリー)の捏ねが完了し、スケッパーで等分しベンチタイムを終えた生地のガス抜き後に乗せてクルクルクルと巻き込んでケース内に入れて焼くとマーブルタイプのものが出来上がります。

バットまたはトレイなどの器に移して冷凍保存もできます。
裏ごし

ちなみに裏ごしは和菓子やパンなどの餡などもこんな感じでつぶせばいいです。
また、フードプロセッサーやマッシャーなどでもペーストできますがこうした裏ごしという手作業は少なくても10回くらいは経験しておくことをおすすめします。