さしすせそは調味料を入れる順番

さしすせそは調味料を入れる順番

調味料は、さ・し・す・せ・そというのが日本の常識だけど、これが順番もあるというのはあまり知られていないみたいです。

ではその順番の意味は?
と行く前に、まず、さ・し・す・せ・そのそれぞれの調味料の名前をというと・・・

 

  • さ → 砂糖
  • し → 塩
  • す → お酢
  • せ → 醤油
  • そ → 味噌

 

といった具合で和食を作るときの調味料となる。

他にも

これ以外にも、みりんだとか沢山あるけれど、先のさ行でほとんど味付けが出来るので一般的にとなる。

さ・し・す・せ・そ、この順番に調味料を入れて味を調えていくのが基本となり、醤油より先に入れるのはお塩で、そのお塩の前に砂糖を入れれば思い通りの味になると言われているのである。

調味料,簡単料理・調理

実際、料理の味付けをしているときに、思い込みも多少はあるにしろ、やはり砂糖を入れた後に醤油を入れたほうがまろやかさがあり、また、これはスイカに塩だとかぜんざいに同じく塩を少量加えることにより、甘さがより増すというのを考えればわかることで、先に辛い醤油を入れて砂糖を入れた場合には、この味付けは不作となるのだが、そういった場合には、水またはお湯を少量加えて全体の味を薄めて、砂糖から入れなおせば味は調っていくのです。

順番

こうした、さ・し・す・せ・そのそれぞれの意味合いを知るのも大切だけど、調理中に入れる順番通りにやっていればどんなものでも美味しくできますす。

*このさ・し・す・せ・その調味料以外にも多くの調味料がありますが、そういったものも合わせていけば、更に美味しい料理が出来上がります。