焼ビーフンはアジア料理でお米が主

焼ビーフンはアジア料理でお米が主

酒の肴にも夕ご飯のおかずの一品として、またこれだけでも主食となりうるのがお米が主原料の米粉で出来ているビーフンだと思う。

実際、レンジでチンすればいい冷凍物もあれば、大手のコンビニ店でもちゃんと販売しているし、年齢や性別を問わず食されているようだ。

準備するもの

 

  • ビーフン(市販品でお好みのもの)
  • 豚肉100g
  • ピーマン普通サイズ 2個
  • にんじん 中1/4本
  • たまねぎ 中1/4個
  • お好みでエビとかイカとかを入れても美味しいかも?

 

  1. フライパンに油を敷き熱したらカットした豚肉を入れ塩・胡椒で軽く炒める。
  2. 硬い野菜(にんじん等)からフライパンに入れていき、肉と野菜を軽く炒めあわせる。
  3. ビーフン(商品の説明通りの処理品)をフライパンに入れてお肉と野菜とビーフンを混ぜ合わせる。

この時味はお肉と野菜の下味である塩・胡椒なので好みの味に整えていく。

焼ビーフン,簡単料理

塩胡椒を加える前に

ビーフンによっては、お水を入れて蒸しながら炒めるものが多い、また、ビーフンに味が付いているものは、お肉や野菜を炒めるときの塩・胡椒は控えめにする事。

もし、ビーフンに味が無いものであるならば、鶏がらスープまたは中華用の練りスープの素などを使えば失敗しない味になる。

*お好みでエビやイカを混ぜ合わせる場合、下処理時に塩とかを使うので、また冷凍物も塩味が濃いい場合があるので味見をしながら調理する事が大切。