コンソメゼリーの冷製パスタ

コンソメゼリーの冷製パスタ

暑い季節や、ガンガンに暖房の効いたお部屋で冷たいパスタも美味しいと思います。

作り方は、2人前だとコンソメ1キューブ(250~300cc)をお水で沸騰させた鍋内で溶かし少し煮込みます。
ゼラチンは粉ゼラチン(5g)をもどしたものをスープに入れてよくかき混ぜる。
ゼラチンを入れたスープをバットに移し冷めてから冷蔵庫に入れて食べる直前まで冷ます。

パスタは、通常と同じで茹でたものを氷水で洗いますが、パスタを作り置きする場合はオリーブオイルまたはバター(マーガリン)などで軽くあえて冷蔵庫で保存、または、冷凍保存のものはそのまま何もせず冷凍庫へいれ、3分沸騰したお湯で解凍からもどしたものを使ってください。

暑い季節などは、とにかくあっさりとした食べ物がほしくなりますし、調理に時間をかけるのもうっとうしい状況もあるので、こうしたざるそばや素麺などのように、イタリアンでも和風っぽく食事をしたいものです。
パスタが冷たくなったら冷蔵庫から冷やし固めたゼリーが入ったバットを取り出し、スプーンで適量すくってパスタにかけて食べますが、量的には半分くらいのゼリーはやはり適量と考えておいたほうがいいですし、とにかく味が薄くかんじる場合があるので、コンソメスープはアンチョビなどで塩味を足しておくのもいいかもしれません。

また、ゼリーの硬さは好みがあるし、固まりすぎると食べにくくなるのであまり早く作らないほうがいいです。

冷製スープは、和風だしで作ったスープにラー油などを1,2滴落として食べるのもなかなかおつなものですが、王道の洋風スープもお勧めできますし、和風でも家庭用としてはたまねぎなどを入れるざるそばや素麺だしがありますので、このゼリースープに入れても美味しいです。