鱈(たら)のオリーブオイルとタイムの香りつけソテー

鱈(たら)のオリーブオイルとタイムの香りつけソテー

鱈は鍋料理に入れても大変美味しいのですが、オリーブオイルをかけてタイムのかおりつけにするソテーは、これまた絶品です。

しかし、この鱈は扱いに注意が必要で、特にソテーとなると身がボロボロになってしまうおそれがありますので、そういった仕上げが上手にいかないために、オリーブオイルをしっかりかけて中火でじっくりと焼き上げるか、片栗粉をまぶして身の縮みを少なくして焼き上げるという手もありますが、オーブントースターで焼く方法などもあります。

フライパンがパスタなどイタリア料理で使うアルミ製のものがあるならば、腕にある程度の自信があるようなので、あえてせつめいは不要でしょうが、こうした熱伝導率のよいフライパンには、加熱が一気に上昇し変化するのでコンロなどから浮かすなどして、常に手を加えられるように目を配らせておいてください。

また、通常のテフロン加工のフライパンの場合には、ある程度加熱した後に鱈を乗せて焼き上げるという事で、料理に不慣れな時は冷たいものの上に置いたがために、タイムを入れて蓋をするなど香り付けの調理のタイミングが読み取りにくいということもあります。

となると、オーブントースターで焼き上げるのがいいのですが、オーブントースターも上からの加熱も進むためにアルミホイルなどを被せるとか、これもひと手間かける必要があります。

いずれにしても、白身の魚なので美味しく召し上がれますし、最近では、オリーブオイルもかけてあってタイムなどもセットしたものをパッケージした切り身も販売されていますので、たまには魚のケースも覗いてみてはどうでしょうか。