野菜嫌いの人には野菜を春巻きに入れて

野菜嫌いの人には野菜を春巻きに入れて

野菜嫌いの老若男女多いですね。 母親としては、子の野菜嫌いをどうしても好きになってもらいたいけど、父親も食べない、同居している養父も野菜が嫌いだから・・・

こんな家族には、野菜を微塵切りや千切りにして春巻きなどの具材として入れちゃいましょうよ。 そして、こんな時に一緒に入れるものとしてはミンチで例えば、塊が大きくなりやすい鶏のミンチにするとか、とにかく、野菜は小さくそしてお肉は大きくといった感じにすれば、食べる側の人には中に入っているものはわかりにくいものです。 ただし、目立つ色の野菜は見破られますけど。

これで、玉ねぎやキャベツなど白物青物(ピーマンは除く)などの色の野菜は、間違いなく食べてくれます。

そして、何故春巻きに入れるといいのかというと、春巻きはその皮の特徴のパリパリとした食感が味わえるもので、また、春巻きは、プレーン、塩、胡椒、ケチャップ、ウスターソース、ドロドロしたお好みソースなど色々なものにつけてお好みで食べれるということもその理由のひとつです。

うちでは断然クレイジーソルトですが、以前は塩胡椒で、時たまプレーンで何もつけずに食べますね。

作りすぎて残っても翌日の弁当のおかずに入れても野菜嫌いの人には気付かれる事はありません。